JALマイルとANAマイルを比較!どっちを貯める!?JALマイルを勧める3つの理由

ユウキ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ユウキ
「誰でもマイルを貯めて旅行に行けるんだよ!」と伝えたくてこのサイトを運営しています。 【好き】食べ歩き、英語、スノーボード、ワイン

「JALマイルとANAマイル、どっちを貯めるべきか!?」

これは陸マイラーの永遠のテーマかと思いますが、私なりに答えを出してみました。どっちのマイルを貯めるべきか悩んでいるという方の参考の1つとなれるとうれしいです。

JALとANAの比較

就航都市について

多くの空港においてJALもANAも両方とも就航していることが多いです。

しかし、細かく見ていくとJALは就航しているがANAは就航していないということが地方空港や離島ではみられますので、国内旅行をメインにしている方はJALの方が強いと思います。

最寄りの空港が両方就航しているので、あればJALとANAどちらでも良いかと思います。

マイルを貯めやすいのはどっち!?

結論からいうと圧倒的にANAの方がマイルを貯めやすいです。

それは、ANAにはソラチカルートが存在するということと、ANAカードは友達紹介によりマイルを貯めることが出来るからです。

しかし、最近ではモッピーによりJALマイルも高還元で交換することが可能になってきましたので、差は埋まってきているのかなと思います。

提携航空会社が多いのはどっち!?

ANAが加盟しているのが、スターアライアンス。このアライアンスに加盟しているのが、28社。

JALが加盟しているのが、ワンワールドアライアンス。このアライアンスに加盟しているのが、13社。

エミレーツ航空はアライアンスに加盟しておりませんが、JALと提携しており、JALマイルにより特典航空券を取ることができるといったことはありますが、単純にアライアンスの規模の比較では、こちらもANAに軍配があがります。

JALを勧める3つの理由

今のところANAが優勢なように思えてきますが、JALをオススメする理由についても見ていきたいと思います。

特典航空券のとりやすさ

貯めやすさを理由にANAマイルを貯める方がとても多いと思います。

しかし、入り口(マイルを貯める)だけを考えていて、出口(マイルの使い方)まで考えてどのマイルを貯めるか決めている方は少ないと思います。

結論から言うと、特典航空券のとりやすさは圧倒的にJALに軍配があがります。

そして、なによりブリティッシュエアウェイズのAviosによるJALの特典航空券の発券でお得にJALの特典航空券を取ることが可能ですので、ワンワールドアライアンスであるJALマイルとAviosを一緒に集めて活用していくことがおすすめです。

ANAはマイルが貯まりやすい分、特典航空券を狙うライバルも多数います。貯めやすさだけでなく、利用のしやすさも考慮してもらえるとうれしいです。

ブリティッシュエアウェイズでの特典航空券の発券がお得

札幌-東京間の特典航空券をJALマイルやANAマイルで特典航空券を取ろうと思った場合、12,000マイル必要となります。

しかし、ブリティッシュエアウェイズのマイル(Avios)を用いて発券すると、9,000マイル(Avios)で発券することができます。

3,000マイル貯めるのにクレジットカードで30万円分も決済が必要になると思うと、この3,000マイルがいかに大きな差か分かると思います。

ブリティッシュエアウェイズに関しては、以下の記事で詳しく記載しているので、見てもらえるとうれしいです。

JGC修行の難易度について

陸マイラーの目標の1つとして、やはり航空会社の上級会員になるということがあると思います。

JALのJGCとANAのSFCのどちらを取りやすいかというと、圧倒的にJGCに軍配に上がります。

JGC・SFCともに50,000FOP(PP)を獲得する必要がありますが、JGCを狙う場合はJALカードを保持していることにより5,000FOPを獲得することができます。

また20代限定ではありますが、ESTカードに申し込むことによって更に2,000FOP獲得できるので、飛行機に乗ることなく7,000FOPも獲得できます。

実質42,000FOPで上級会員であるJGCになれると考えると、ANAの上級会員より圧倒的に簡単です。

別の記事でご紹介しましたカードラウンジでも十分リラックスできるのですが、やはり航空会社のラウンジは格別です。

アルコールも飲み放題ですし、なにより静かで、混雑する保安検査場を通らずにゆったり過ごすことができます。

陸マイラーとしてマイルを貯められるようになると、航空券の発券に利用できるeJALに交換することができるので、実質無料で航空会社の上級会員になること可能ですので、ぜひ参考いただければと思います。

JALマイルの活用方法

どこかにマイルを利用する

どこかにマイルとは、往復6,000マイルでどこかに行けるという企画です。

JALから4つの行き先候補を提案いただき、最終的には申し込みの3日以内に行き先決定のお知らせが来るというものです。往復6,000マイルというと通常の半分のマイルです。

東京(羽田)、大阪(伊丹・関西)発着便の路線に限るので、新千歳空港から利用ができないので注意してください。

おともdeマイル

この企画は、少人数での旅行時にお得に利用することができます!例えばある日の札幌-東京間を二人で旅行の場合を見てみると、

本会員:10,000マイル + 往復:27,000円

で往復することができます。通常料金よりも安く航空券を発券することができますね。

もちろんウルトラ先得を利用して予約する方が安く発券できますが、数か月後の予定がどうなるか分からないビジネスマンにとっては、休みを取れることが決まってからでも安く予約できるおともdeマイルはオススメかと思います。

エミレーツ航空の特典航空券を発券できる

こちらは公式サイトからの引用となりますが、もはや機内とは思えない光景ですね笑

マットレスは完全にフラットとなり、十分な睡眠をとることができます。また、機内にはラウンジがあり、ジェットセッターによるアルコールも提供されます。さすが世界一豪華と言われているエミレーツ航空なだけあります。

実はエミレーツ航空は、どこのアライアンスにも加盟紹介していないので、提携会社のマイルを用いて特典航空券を発券することができません。

しかし、JALが個別にエミレーツ航空と提携していますのでJALマイルを用いてエミレーツ航空の特典航空券を発券することができます。

ちなみにエミレーツ航空以外にも、アラスカ航空、エールフランス航空、ハワイアン航空、バンコクエアウェイズ、大韓航空、中国東方航空も特典航空券の発券が可能となっています。

まとめ

JALとANAのどっちのマイルを貯めるべきかどうかは、置かれている環境にもよります。また、貯めやすさを重視するか、貯めにくくても使いやすさを重視するかという点も重要になると思います。

「どっちのマイルも貯めたい」「どっちにするか悩んでいる」という方は、まずはどちらのマイルにも交換することができるSPGアメックスでマイルを貯めることがオススメですので、以下の記事も参考にしてみてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ユウキ
「誰でもマイルを貯めて旅行に行けるんだよ!」と伝えたくてこのサイトを運営しています。 【好き】食べ歩き、英語、スノーボード、ワイン

Copyright© しろくまマイル教室 , 2018 All Rights Reserved.