格安で持てるプラチナカード!MUFGプラチナアメックスの特典を紹介!

ユウキ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ユウキ
「誰でもマイルを貯めて旅行に行けるんだよ!」と伝えたくてこのサイトを運営しています。 【好き】食べ歩き、英語、スノーボード、ワイン

プラチナカードの中でも年会費がお得で有名なのが、このMUFGプラチナアメックスです。

様々な特典がついており、とてもコストパフォーマンスが良いので、プラチナクラスのカードをお持ちでない方にはおすすめの1枚となっています。

本記事では、MUFGプラチナアメックスの特典とお得なお申込み方法についてお伝えしていきたいと思います。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの入会方法の比較

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは紹介キャンペーンも公式キャンペーンもない!?

多くのアメックスカードで紹介制度や公式キャンペーンを行っているにも関わらず、このカードには紹介キャンペーンも公式キャンペーンもありません。

ではどのように入会することで少しでもお得に入会できるのかお伝えしていきたいと思います。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードをポイントサイト経由で申し込む

そうなるとやはりポイントサイトを経由して入会することが最もお得な方法となります。では代表的な4サイトを比較してみましょう。

ポイントサイト 金額換算
モッピー 9,000円
ポイントタウン 6,500円
ちょびリッチ 6,500円
ハピタス 5,500円

ポイントサイトを経由することによって、9,000円相当のポイントをゲットすることができます!紹介キャンペーンがないので、最良の申し込み方法はポイントサイト経由となります。

ポイントサイトでゲットできるポイントはその時々によって変化してくるので、定期的にいろんなポイントサイトを確認してお申込みすることをオススメします。

おすすめのポイントサイトの登録はこちら

↓モッピー                   ↓ポイントタウン

   

↓ちょびリッチ                 ↓ハピタス

   

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

コンシェルジュの利用が可能

24時間無料コンシェルジュを利用しようと思うと年会費5万円や10万円以上するものも多いのですが、格安で利用できる点に優位性があります。

具体的にコンシェルジュで利用できるものとして、以下のようなものがあります。

・飲食店の予約

・ホテルの予約

・ギフトの相談・紹介

・旅行行程の相談・紹介

など

飲食店を予約しようとしたときに、営業時間である夜に予約することになりますが、残業が続いてなかなか予約できないこともあるかと思います。

そういう時に、真夜中や朝方にコンシェルジュにお願いしておくことで、わざわざ仕事の合間をぬってお店に電話して予約する必要がなくなります。

高級コース料理を2名で予約すると1名無料

プラチナ・グルメセレクションが利用できます。

国内外に加盟している約200店舗のレストランでコースメニューが1名無料で食べられます。

2名以上の申し込みが必要ですが、2名で予約するとほぼ半額で高級料理を食べることができます。(サービス料等あるので、厳密には半額ではないです。)

同じ店舗の利用は半年に1回と決まりがありますが、15,000円のコースで1名無料になるなど、年に数回利用するだけで年会費の元は簡単に取ることができます。

プライオリティパスの利用が可能

世界120以上の国や地域で、900か所以上の空港ラウンジを無料で利用することができるプライオリティパスのプレステージ会員に年会費無料で登録することができます。(通常年会費399米ドル)

通常年会費399米ドルが無料になるので、それだけで年会費の元は取れているといっても良いと思います。

このプライオリティパスがあることで旅行の際の乗り継ぎでも退屈することなく、有意義に過ごすことができます。

また、空港ラウンジだけでなく、実は食事も楽しむことができるのがこのプライオリティパスの良いところです。

現在日本では関西国際空港の「ぽてじゅう」のみですが、3,400円分のお好み焼きを無料で食べることができますので、関西にお住まいの方にはとてもオススメです。

プライオリティパスで利用可能なレストランは以下となっています。

空港名(国) 店名 特典
シドニー・キングスフォード・スミス国際空港(オーストラリア) Better Burger AUD$36の割引
Chicken Confidential AUD$36の割引
Mach2 AUD$36の割引
Peroni Bar AUD$36の割引
MoVida AUD$36の割引
Bistro 2020 & Bar AUD$36の割引
Bar Roma AUD$36の割引
Wok on Air AUD$36の割引
メルボルン空港(オーストラリア) Cafe Vue AUD$36の割引
Bar Pulpo by MoVida AUD$36の割引
Urban Providore AUD$36の割引
ブリスベン国際空港(オーストラリア) Corretto Cafe Bar AUD$36の割引
Bar Roma AUD$36の割引
Graze Grill & Bar AUD$36の割引
ロンドン・ガトウィック空港(イギリス) Grain-Store Cafe & Bar 請求額から€15の割引
チャンギ国際空港(シンガポール) TGM 専用メニューから1品無料
関西国際空港(日本) BOTEJYU 3,400円の割引

メルボルンとブリスベンではPlaza Premium Loungeも利用が可能になりますので、レストランとラウンジの両方が楽しめるので、オーストラリアはお得感があります。

家族カードが1枚年会費が無料

MUFGプラチナアメックスのメリットで忘れてはいけないのが、家族カードが1枚年会費無料になることです。

本会員の年会費が20,000円+税となっているので、2人で作れば1人あたり10,000円+税となります。

また、家族カードも無料でプライオリティパスを利用することができます。

これを目的に家族カードを作る人も少なくありません。

年会費の割引制度がある

もともと年会費のお手頃なMUFGプラチナアメックスですが、楽payというリボルビング払いを登録することで、年会費が3,000円安くなります。

リボルビングということで手数料が発生してしまいますが、一度手数料を発生させるだけでOKです。楽payの指定金額を少し上に設定しておいて、ほんの少しだけ翌日に回します。

仮に1,000円分だけ翌月に支払いを回すと、この1,000円に対してリボ払いの手数料が発生します。リボ払いの利率が15%ですので、1,000円だと150円÷12か月の月額の金利で125円ほどとなります。

注意点としては、一度楽payをしたからといって、登録解除はしてはいけません。指定金額を上げて登録を続ける必要があります。

マイルは貯まりにくい!?

ポイントシステムはグローバルポイントとなっており、1,000円で1ポイントを貯めることができます。1ポイント=4円でキャッシュバッできますので、還元率0.4%となります。

還元率はあまり高くありませんが、JALマイルに交換することが出来ます。

しかし、JALマイルに交換するためには参加年会費と移行手数料がかかります。

・参加年会費:3,000円+税

・移行手数料:6,000円+税(1回の移行につき)

1回の移行で6,000円+税となるとなかなかポイントをマイルに交換するのは難しいです。

ですので、MUFGプラチナアメックスをメインカードとするよりも、もっと還元率の高いカードをメインいてマイルを貯めていくことがオススメですね

まとめ

MUFGプラチナアメックスは、年会費がお手頃にも関わらず、コンシェルジュサービスやプラチナ・グルメセレクション、プライオリティパスなど様々な特典を利用することができますので、とてもコストパフォーマンスの優れたカードとなっています。

マイルが貯まりやすいカードではないので、陸マイラー必携カードではありませんが、旅行や日常生活を楽しむためにもプラチナクラスのカードを持っておくと良いかと思います。

MUFGプラチナアメックスは紹介キャンペーンも公式キャンペーンもないので、ポイントサイトを経由して少しでもお得に入会してください。

オススメのポイントサイトの登録はこちら

↓モッピー                   ↓ポイントタウン

   

↓ちょびリッチ                 ↓ハピタス

   

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ユウキ
「誰でもマイルを貯めて旅行に行けるんだよ!」と伝えたくてこのサイトを運営しています。 【好き】食べ歩き、英語、スノーボード、ワイン

Copyright© しろくまマイル教室 , 2018 All Rights Reserved.